都市化と投票行動の研究 - 菅沢均

都市化と投票行動の研究

Add: wyles89 - Date: 2020-12-19 05:18:52 - Views: 4697 - Clicks: 4727

ここから本文です。 (最終更新)平成30年3月8日. コンサルティング 中津元次 東電不動産(株) 鈴木晴紀 公的不動産の合理的な所有・利用に向けた国の取組みについて (PRE戦略の推進) 国土交通省 四日市正俊 青森県のファシリティマネジメントの取組み 青森県 成田宏之 都市化と投票行動の研究 - 菅沢均 土木分野から考える施設の維持管理戦略 国土交通省 西川和廣 地域再生ファンドの特徴とその効果の検討 千葉商科大学 平井友行,京都大学 渡部良一 住民とのコミュニケーションに関する行政職員の意識・行動特性 ―A自治体の職員への調査を基にした分析― 同志社大学 小田切康彦,同志社大学 新川達郎 高機能車いすを用いたユニヴァーサルな移動環境の構築戦略の研究 慶應義塾大学 西山敏樹,(財)地域開発研究所 瀧内冬夫,(財)地域開発研究所 安藤薫子,慶應義塾大学 有澤誠 ユーザー・デモクラシーの視点から見た介護サービス施設の配置と高齢者による介護保険制度の改善に関する研究 北海道大学 米澤勉,北海道大学 加賀屋誠一 公務員人件費はどこまで減らせるのか―コーホート. 計画行政と社会実験 東京工業大学 原科幸彦 政策の実験的評価手法 日本大学 中川雅之 社会実験による道路料金政策の評価 一橋大学 根本敏則 構造改革の実験・教育の実践─矛盾を前提とした不登校対策─ 中央大学 細野助博 政策計画のための市場ラボ実験に向けて 神戸大学 下村研一 刑事司法における社会実験:エビデンスの産出と活用 静岡県立大学 津富宏 環境評価と公共政策への適用─CVMとその課題─ 中央大学 薮田雅弘 東京海洋大学におけるパラダイムシフト 東京海洋大学 刑部真弘 パリ市における都市空間戦略の変容過程に関する研究 東京大学 野原卓 質的研究法による自律的思考と日常的政策実践の可能性 大阪大学 一野千夏 Web-GISを活用した住民主動型の地域マネジメントシステム 島根県中山間地域研究センター 藤山浩 太田和博・加藤一誠・小島克巳著『交通の産業連関分析』 日本大学 中川雅之 倉阪秀史著『環境と経済を再考する』 千葉商科大学 樹下明 ↑ PAGE TOP. 国土形成計画のメッセージ 中京大学 奥野信宏 国土形成計画法と自立的広域圏の形成 国土交通省 木村実 逆都市化時代の国土計画─その課題と展望 東京大学 大西隆 国土形成計画作成への一提言元 明海大学 馬場孝一 新たな公による国土マネジメントの実現 ─ソーシャルキャピタルの視点から考える─ 北星学園大学 原勲 広域地方政府システムの導入による地域の再活性化―地域の自立的発展のためのガバナンス・モデルの視点から― 中野区政策研究機構 澤井安勇 諸外国の動向からみたわが国の広域地域計画の将来展望 東京大学 城所哲夫 地域医療の崩壊から再生へ─人材育成と医療連携─ 千葉県立東金病院 平井愛山 統計法の改正について 東京大学 廣松 毅 ポストモダンと高等教育 法政大学 平林千牧 システムシミュレーション分析による統合的流域管理政策の総合評価 海洋政策研究財団 櫻井一宏,筑波大学 水野谷剛,科学技術振興機構 小林慎太郎,筑波大学 氷鉋揚四郎 社会資本ストックの維持に必要な行政投資額の将来推計 大阪大学 樺克裕 都市圏を対象とする土地利用管理における合意形成の可能性と課題に関する一考察 ─ロー. Rhode Island, 533 U. ★都市化と投票行動の研究★菅澤均★定価2800円★恒星社厚生閣★年刊★紙質は普通です★カバーにスレあります★やや.

東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済情報、就職情報など、ビジネスパーソンのため. いまさら聞けない「ビッグデータとは何か」をわかりやすく説明します。ビッグデータは「様々な形の、様々な性質の、様々な種類のデータ」を指します。ビッグデータは、データの量(Volume)、データの種類(Variety)、データの発生頻度・更新頻度(Velocity)の3つのVからなり、いずれも重要. 季武嘉也『選挙違反の歴史──ウラからみた日本の100年』(吉川弘文館、年) 選挙の季節がやってまいりましたので、とりあえずこんな本を。 明治23(1890)年の帝国議会開設以来、衆議院議員選挙における違反者数の推移を手がかりに、選挙事情を通じてその背景をなす日本の社会的変化を. See full list on japanpa. 行動経済学のアプローチと最先端の技術を組み合わせれば、社会の課題を解決できる――。10月に開催されるHitachi Social Innovation Forum TOKYOでの来日講演を前に、ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャード・セイラー教授に、日立総合計画研究所の白井均社長が少子高齢化や. riss(ソシオネットワーク戦略研究機構)は、関西大学の附置研究所として設立されました。国公私立大学を通じた共同研究の促進及び研究者ネットワークの構築並びに学術資料等の共同研究の促進等を行うため、高度な情報通信技術を活用したネットワーク戦略の総合的政策研究を行い、世界. 地域における環境共生千葉商科大学 樹下明 循環型社会づくりにおける地域の役割と今後の課題 名古屋大学 田畑智博,井村秀文 永続地帯―更新性資源ベースの地域経済指標 千葉大学 倉阪秀史,環境エネルギー政策研究所 松原弘直 ドイツの環境再生―「スリムな都市」づくりの試み― 名古屋大学 竹内恒夫 地域住民によるコモンプール財の管理―ほりの再生をめざして― 福岡大学 今泉博国 地域の環境共生に向けた社会的合意形成―対話の場の形成と運用― 滋賀県立大学 錦澤滋雄 地域政策学部の目標と課題 高崎経済大学 大宮登 都心業務機能の分散・集積施策との関連性からみた大手町・丸の内・有楽町地区における広域再開発計画の推進方策に関する研究 大國道夫・都市・建築総合研究所(株) 大國道夫,三菱地所(株) 三武庸男,ランドブレイン(株) 高木恒雄 都市居住の不在村農地所有者の増加が農地等の管理に与える影響について 中央大学 杉中淳 農業生産者と地域をつなぐ直売施設 ニセコ町役場 山本契太 宇都宮深志著『環境行政の理念と実践―環境文明社会の実現をめざして』 神奈川大学 松本安生 金子勇著『社会調査から見た少子. 統計の政治算術 中央大学 細野助博 新統計法の成立と政府統計の今後の課題 法政大学 森博美 国勢調査─歴史的経緯と平成22()年国勢調査の準備状況 東京大学 廣松毅 準備が進むわが国の年経済センサスについて 東京国際大学 菅幹雄 SNAの現状と今後の方向 成蹊大学 高木新太郎 年交通調査が示唆すること 東京海洋大学 兵藤哲朗 早稲田大学理工系分野の再編─理工系の次世代モデルを目指して 早稲田大学 村山武彦 公募債の増加は地方財政に市場規律を与えたか 大阪大学 水野哲昭 都市型観光振興方策に関する一考察 ―滋賀県長浜市文化的施設のコンジョイント分析から 政策研究大学 垣内恵美子,東京農業大学 岩本博幸 ごみ減量政策とリサイクル促進政策の効果 高崎経済大学 中村匡克,東洋大学 川瀬晃弘,法政大学 宮下量久 地域における交流の場の意義と役割に関する研究 ―北千里地域交流会を事例として―近畿大学 田中晃代,近畿大学 久隆浩 市町村の選択行動と合併要因の検証―平成の大合併を事例として―大阪大学 広田啓朗 Palazzolo v.

環境社会配慮専門部会の設置に向けて 日本貿易振興機構・アジア経済研究所 作本直行 国際協力における環境社会配慮の運用と課題 ―国際協力機構(JICA)の活動を中心に― 早稲田大学 村山武彦 JICA環境社会配慮ガイドラインの導入による効果分析 コンサルタント 臼井寛二 実務者の立場から見た環境社会配慮の課題 アイ・シー・ネット(株) 浦郷昭子 日本工営(株) 青木智男 アイ・シー・ネット(株) 池田研造 環境ガイドラインの課題―事例研究 地球・人間環境フォーラム 満田夏花 わが国の国土計画における国土観に関する研究 (社)日本港湾協会 栢原英郎 都市における上水道事業の有効性評価 ―ロンドン市、パリ市、京都市の比較― (株)島津製作所 天野輝芳 シミュレーション分析の結果に基づく大規模小売店舗の荷さばき用駐車スペース数に関する研究 東京海洋大学 石井文悟 専修大学 岩尾詠一郎 東京海洋大学 苦瀬博仁 「五全総」以降の国土計画に対する批判論の検討 ―国会発言、マスコミ論調、財界提言を中心に― 内閣府 橋本武 都市公園管理を担う市民団体への組織化支援策 ―八王子市・みなみ野自然塾を事. 都市化と投票行動分析--分析方法に関する一考察 菅沢 均 日本大学工学部紀要 B 一般教育編 (27), p57-66, 1986-03. 早稲田大学 文学学術院 オフィシャルサイト。文化構想学部、文学部、文学研究科、総合人文科学研究センター、4つの組織から構成される学術院の案内です。. 8度に及ぶ。 同町では若年層の都市流出と出生率の低下などにより、 年度の総人口を25,200 人、さらに高齢化率の上昇に伴. 観光と地域づくり 中央大学 薮田雅弘 ソフト・ツーリズムに基づく地方都市の景観形成とまちづくり 東洋大学 松行康夫,嘉悦大学 松行彬子 エコツーリズムと地域発展―理論から実証へ 中央大学 薮田雅弘,高崎経済大学 伊佐良次 世界遺産登録は屋久島に何をもたらしたか? 岩手大学 柴崎茂光 エコツーリズムの現状と課題 環境省 岡本光之 総合行政としての観光地経営とその評価 (財)日本交通公社 塩谷英生 東大まちづくり大学院の創設 東京大学 小泉秀樹 都市計画区域マスタープランの策定における住民意見反映に関する研究 ―兵庫県における策定過程を通して― 兵庫県 難波健,大阪大学 鳴海邦碩,大阪大学澤木昌典 日本と台湾の環境アセスメント制度の国際比較 東京工業大学 李秉樺,東京工業大学 原科幸彦 事業所レベルの環境マネジメントのインセンティブとステークホルダーの影響 ―環境管理に関するOECD事業所サーベイから― 国立環境研究所 日引聡,上智大学 有村俊秀 健康日本21地方計画の中間評価 三重県立看護大学 野呂千鶴子,三重大学 櫻井しのぶ,三重大学 中野正孝 遠野市における観光と交流のまちづくり NPO法人遠野山・里・くらしネットワーク 菊池新一 安あ心じ院む式グリーンツーリズムから宇佐市式ツーリズムへ 日本文理大学 市川芳郎 矢作弘・瀬田史彦編『中心市街地活性化三法改正とまちづくり』 東京大学 菅正史 秋吉貴雄著『公共政策の変容と政策科学─日米航空輸送産業における2つの規制改革』 高崎経済大学 味水佑毅 原科幸彦編『環境計画・政策研究の展開─持続可能な社会づくりへの合意形成』 千葉商科大学 樹下明 ↑ PAGE TOP. 【tsutaya オンラインショッピング】都市化と投票行動の研究/菅沢均 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!.

都市地理学(政治,経済,社会,開発)・都市開発論 ゼミナールまたは研究テーマ 土地所有および都市開発からみる都市の形成・変容とその意味. webシラバス; webシラバス; 学術研究データベース. 投票行動と都市化--1970年代以降における政党支持なし層の動向と機能的系列化 菅沢 均 日本大学工学部紀要 B 一般教育編 (34), p103-113, 1993-03. 河川行政と住民参加 -「意味ある応答」を- 東京工業大学 原科幸彦 河川整備計画における住民参加と協働-その実践と展開可能性 同志社大学 新川達郎 河川計画行政とその課題 ジャーナリスト 政野淳子 淀川水系整備計画をめぐる対立と合意形成 立命館大学 仲上健一 日本の“いい川”“いい川づくり”と住民参画 NPO法人全国水環境交流会 山道省三 風土の視点からの河川計画 東京工業大学 桑子敏雄 環境クズネッツ曲線仮説の再検討 横浜国立大学 鶴見哲也, 横浜国立大学 馬奈木俊介, 国立環境研究所 日引聡 米国ワシントン州における計画策定手続きと統合された戦略的環境アセスメント(SEA)の参加制度 東京工業大学 柴田裕希,東京工業大学 原科幸彦,大阪大学 熊澤輝一 効率性評価からみた一般廃棄物管理への地域ソーシャル・キャピタルの活用 名古屋大学 川本清美 横合せ場所の位置の違いに基づく共同配送の効果の空間的分析 東京大学 石川友保,東京海洋大学 苦瀬博仁,国分(株) 飯岡幸大 炭素集約産業への負担軽減をともなう国内排出削減制度 日本学術振興会 岡川梓,大阪大学 伴金美 エネルギー技術進歩の.

28年度は、平成29年度に実施する全国調査の予備調査として、11都市(※1) の住民基本台帳から無作為に対象者を抽出し、面接調査及び医師による診断(同意者の み)を実施している。調査対象者数は2,200名であり、その中で回答者数は993名、回答. 所属 (現在):獨協大学,その他部局等,名誉教授, 研究分野:政治学,社会学(含社会福祉関係),国際関係論,社会システム工学, キーワード:風評被害,東海村,原子力事故,rumor damage,自民党,社会党,臨界事故,地域社会,原子力,住民, 研究課題数:8, 研究成果数:10. の研究は体系的に蓄積されてきたとはいえない。 や有権者の投票行動にどのような影響を与えてきたかについて単記投票制が、日本人の選挙行動、すなわち候補者の集票活動てはこれまでもよく議論されてきた。. 2 形態: vi, 222p ; 22cm 著者名: 池田, 謙一(1955-) シリーズ名: 変動する日本人の選挙行動 ; 4 書誌ID.

4 明確化する対立軸、弱まる対立軸──政権交代後の八年間の変化 第7章 投票行動――自民党への投票は右傾化によるものなのか桑名祐樹 1 安倍政権の長期化と有権者 2 イデオロギーとナショナリズム──投票参加との関係. 12初版 ・定価: 円・状態: (落丁、経年劣化など)イタミ・ヤケ・頁ハズレ有 読むに支障なし不明点はご質問ください。よろしくお願いします。この商品はヤフオク! 2 度(日平均 最低気温は4. 数は低く(図7),合 計特殊出生率は高く(図8),平 均余命も長い. 環境保全の人づくり・地域づくりと計画行政-環境・経済・社会の統合的向上のために- 九州産業大学 内野順雄 第30回全国大会 特別講演 第二期地方分権改革と道州制 福岡県 麻生渡 記念講演 環境保全の人づくり・地域づくり 環境省 西野哲茂 九州からの人づくり・地域づくり 論文賞 (株)都市活力研究所 志水茂 奨励賞 東京大学 野原卓 論説賞 日本大学 中川雅之 大学における教養教育と専門教育の再構築 九州産業大学 左護譽 新幹線延伸等の立地環境変化が地域の立地満足度評価に与えた影響分析 札幌国際大学 河本光弘, 北海道大学 加賀屋誠一 広域計画策走における協議システムに関する研究 -米国ニュージャージ州の州計画制度運用課題 明星大学 西浦定継 住民投票における選択肢の設定と投票参加 -「平成の大合併」をめぐる一連の事例から- 中央大学 塩沢健一 米国オレゴン州輸送計画のPIプロセス分析 -熟議民主主義的視点から- 大阪市立大学 石割信雄・北原鉄也・瀬田史彦 地域気候政策における計画および政策手法のあり方に関する考察 名古屋大学 杉山範子 電気事業における自由化と地球温暖化対策 -パ. 【銀行振込不可】。【新品】【本】都市化と投票行動の研究 菅沢均/著. 地域の特性を生かした大学の基礎研究が、地域の活性化やローカル・アイデンティティの構築にいっそう貢献していくことを願っています。 もう一つ、東京大学大気海洋研究所の国際沿岸海洋研究センターの取り組みを紹介したいと思います。.

その他の指標を用いたものとして,小 川()は,都 道府県ごとの人口 1000人 あたりの消防団員数とnpo法 人数・比例区投票率からなる指標を用い. 環境社会マネジメントと新しい計画行政─「計画」と「行政」の溝─ ひょうごボランタリープラザ 小森星児 大会記念講演 環境社会と市民・NPOの役割 (財)神戸都市問題研究所 新野幸次郎 広域自治体における環境社会マネジメントを考える 論文賞 埼玉大学 西川雅史 奨励賞 高崎経済大学 佐藤徹 奨励賞 独立行政法人建築研究所 樋野公宏 論説賞 日本大学 稲葉陽二 論説賞 千葉商科大学 熊田禎宣 「デザイン」分野におけるパラダイム転換 大阪大学 木多道宏 公共政策が定住選択行動に及ぼす影響 横須賀市都市政策研究所 豊田奈穂 新潟県中越地震発生直後の小千谷市における贈与経済の発生メカニズムと経済復興に与える影響に関する分析 人と防災未来センター 永松伸吾 ノンステップバスの標準化政策に向けた床材防滑基準に関する研究 慶應義塾大学政策・メディア研究科・(財)地域開発研究所 西山敏樹 (財)地域開発研究所 瀧内冬夫,三池工業株式会社 茂木俊二・小林亨仁・百貫 正・稲垣亜希子 豊岡市環境経済戦略豊岡市コウノトリ共生部 若森洋崇 青山吉隆・中川大・松中亮治著『都市アメニティの経済学─環境の価値を測. 23e-q02 通勤・通学時間 総務省統計局が5年ごとに実施している「社会生活基本調査」により、生活時間における行動の種類として、1日のうちの通勤・通学時間について、総平均時間、行動者平均時間及び行動者率を調べることができます。. すます中野先生との共同闘争が多くなった。当時都市化が進行していた海老名市内 では東京方面の大資本のマンション建設会社による巨大建設が各地で起こった。私 のところにも市内各地二十箇所以上から日照権などの相談が次々と持ち込まれた。. 波特为代表)结合起来,形成了自己结构化. 新しい公共資産管理について 日本大学 中川雅之 公共ファシリティマネジメントの取組みについて (有)中津エフ.

転変する政治のリアリティ : 投票行動の認知社会心理学 フォーマット: 図書 責任表示: 池田謙一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 木鐸社, 1997. 所属 人文社会系 職名 教授 orcid性別 男性 生年月科研費番号eメール. アクセスありがとうございます。下記の情報をご確認ください。【商品情報】・出版社:・タイトル:・筆者: (販売時期)S16. 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 1日平均外来患者数:330人 平均在院日数:16.

by Allef Vinicius1万7000個ものサイフを使い世界40カ国・355都市で行われた大実験で、「サイフの中にお金が入っていればいるほど、サイフは持ち主の. 5日 施設基準:入院基本料7対1,夜間急性期看護補助体制加 算25対1,dpc対象病院 看護職員数:162人 外来看護職員数:30人(師長1人,主任1人を含む常勤看 護師22人,非常勤看護師5人,看護補助者3人). 毎回の研究発表会で優秀な発表をした研究者に贈呈。年度よりプレゼンテーション賞からベストプレゼンテーション賞へと改称。 選考委員会: 数理モデル化と問題解決研究運営委員会: 選考方法: 研究発表会参加者による投票をもとに決定。 選考基準 総務省総務審議官である谷脇 康彦氏を迎え、PwCコンサルティング合同会社の丸山 満彦が「これからの働き方とセキュリティ」をテーマに、「企業の情報システムとIoT」に焦点を当てお話を伺いました。. 49, 1 大衆性と投票行動の関連性に関する研究 中尾 聡史1・沼 3了俊2・宮川 愛由・藤井 聡4 1学生会員 京都大学工学研究科都市社会工学専攻(〒京都府京都市西京区京都大学桂4) E-mail: 戦略的情報通信研究開発推進事業(scope)の 令和2年度研究開発課題の公募: 国際戦略局: 年12月24日: 平成30年度における地方公務員の懲戒処分等の状況(平成30年4月1日~平成31年3月31日) 自治行政局: 年12月24日. こうした州でも都市化が進み、北の青い州から移り住む人が増えている。 彼らの多くは民主党支持で、その投票行動や政治姿勢は南部に来ても. 行動分析学、産業組織心理学 ゼミナールまたは研究テーマ パフォーマンス・マネジメント、インストラクショナルデザイン、組織行動マネジメントや消費者行動に関する研究.

都市化と投票行動の研究 - 菅沢均

email: xibod@gmail.com - phone:(720) 347-8816 x 2941

心・血管系合併症の基礎知識 - 斎藤明 - まいにちロシア語 NHKラジオ

-> 奈良大学 2008 - 教学社編集部
-> 灘中学校 10年間スーパー過去問 2021

都市化と投票行動の研究 - 菅沢均 - はじめての政治学 牧野雅彦


Sitemap 1

哲也-雀聖と呼ばれた男- 新宿雀荘争奪編 神技!八連荘の役満地獄 - 星野泰視 - くまのプーさんとはちみつ ジャネット カンベル